専門家に任せる利点


障害年金は、確かに受給が成立すると大きなメリットとなります。ですがそれだけに、審査が厳しいのもまた事実です。さらには複雑さも伴うため、スムーズに審査通過することは容易でありません。だからこそ、専門家である社会保険労務士のサポートが心強く感じられるのです。

診断たとえば、障害年金受給条件のひとつである、初診日についてです。「初診日があること」というのがひとつの条件になっているのですが、一般的な認識における「初診日」とは少々異なるため、考え方に注意が必要です。主には、始めて診療を受けた日という一般的な考え方のほか、「健康診断で異常が発見され療養に関する指示を受けた日」、「過去に治癒した傷病が再発した場合は、再発した際の1番初めに診療を受けた日」、「現在の傷病より前に、相当因果関係があると認められる傷病がある場合は、過去の傷病で1番初めに診療を受けた日」など、多岐に亘ります。個人では判断が難しいですが、社会保険労務士にアドバイスをもらうことで適切な考え方ができるでしょう。

また、審査に万が一落ちてしまった場合の対応にも期待が持てます。障害年金は審査通過が難しい一方、 審査結果に対する不服申し立てというものも可能となっています。個人で覆すことは難しいですが、有資格者のサポートがあればしっかりとした準備ができ、申し込み実現の可能性も高まるでしょう。いずれにおいても、社会保険労務士は心強い存在に感じられるはずです。

≪関連リンク≫http://www.sharoshi-office.com/basic/
障害年金の基礎知識を紹介している白石社会保険労務士事務所です。