専門家に任せる利点


障害年金は、確かに受給が成立すると大きなメリットとなります。ですがそれだけに、審査が厳しいのもまた事実です。さらには複雑さも伴うため、スムーズに審査通過することは容易でありません。だからこそ、専門家である社会保険労務士のサポートが心強く感じられるのです。

診断たとえば、障害年金受給条件のひとつである、初診日についてです。「初診日があること」というのがひとつの条件になっているのですが、一般的な認識における「初診日」とは少々異なるため、考え方に注意が必要です。主には、始めて診療を受けた日という一般的な考え方のほか、「健康診断で異常が発見され療養に関する指示を受けた日」、「過去に治癒した傷病が再発した場合は、再発した際の1番初めに診療を受けた日」、「現在の傷病より前に、相当因果関係があると認められる傷病がある場合は、過去の傷病で1番初めに診療を受けた日」など、多岐に亘ります。個人では判断が難しいですが、社会保険労務士にアドバイスをもらうことで適切な考え方ができるでしょう。

また、審査に万が一落ちてしまった場合の対応にも期待が持てます。障害年金は審査通過が難しい一方、 審査結果に対する不服申し立てというものも可能となっています。個人で覆すことは難しいですが、有資格者のサポートがあればしっかりとした準備ができ、申し込み実現の可能性も高まるでしょう。いずれにおいても、社会保険労務士は心強い存在に感じられるはずです。

≪関連リンク≫http://www.sharoshi-office.com/basic/
障害年金の基礎知識を紹介している白石社会保険労務士事務所です。

専門家が頼りになる


前述の申込書類を見たとき、多くの人が大変そうに感じたことでしょう。障害に伴い行動の自由が制限されている、さらにはお金で困窮しているともなれば、落ち着いて揃える余裕もなかなかないはずです。そんなときおすすめなのが、障害年金の申し込みにおける専門家です。プロの観点から各面の準備をしっかりサポートしてくれるので、安心して申し込むことができます

傷害保険の専門家には、社会保険労務士事務所の社会保険労務士が挙げられます。また同じ社会保険労務士でも、障害年金を得意としている人は一層頼りになる印象です。ぜひこだわって、探してみてはいかがでしょうか。

パソコン流れとしては、まず社会保険労務士事務所を探してください。インターネットを利用することで、比較的手軽に障害年金に長けた社会保険労務士を探すことができるでしょう。頼り甲斐のありそうなところを見つけたら、料金を確認して申し込みましょう。基本的には、成功報酬型のところが多く、障害年金受給が決まったあとに、年金の1ヵ月分を支払うといった形が多くみられます。今現在資金に余裕がなくても、障害年金の申し込みが成功してから支払えるので安心です。

申し込み後には、受給資格の確認や書類準備のサポート、そのほかアドバイスを通して申請を後押ししてくれます。個人だけで臨むより手間が省け、成功率も高まるのでメリットに感じられることでしょう。

障害年金を受けるには


障害年金は、日本年金機構が提供する年金制度となっています。そのため、年金事務所や年金相談センター、もしくが市区町村役場に書類を提出する方法で申し込む形となります。ですが、このとき必要になる書類が結構多いです。抜けのないよう、しっかり準備しておくことが大切です。

まずは、年金請求書です。国民年金障害基礎年金については、様式第107号が該当します。書類は各窓口のほか、日本年金機構のホームページからでもPDFにて手に入れることができます。パソコンなどが利用できる環境にあれば、便利に役立ててみてください。

年金手帳次に必須となる書類としては、年金手帳、戸籍謄本・戸籍抄本・戸籍の記載事項証明・住民票・住民票の記載事項証明書のいずれか、医師の診断書、受診状況等証明書、病歴・就労状況等申立書、受取先金融機関の通帳等、そして印鑑です

また18歳未満の子ども、もしくは障害のある20歳未満の子どもがいる場合は、戸籍謄本・世帯全員の住民票、子の収入が確認できる書類、医師または歯科医師の診断書が必要です。最後の歯科医師の診断書は少し特徴的ですが、これは1級または2級の障害の状態にあることを確認するために求められます。すべて揃えるのは大変かもしれませんが、審査が通れば大きなメリットを得られます。各面徹底しましょう。

障害年金を活かそう


もしあなたが事故や怪我で障害を負っているのであれば、障害年金への加入を検討してみてはいかがでしょうか。障害等級や年金加入状況に応じて、障碍者向け年金や一時金制度が利用できるというものです。障害を負ってしまった場合、生活への負担はかなり大きいことでしょう。その点、まとまったお金を手に入れられるとなると、生活の充実度を高めることが可能になります。せっかく利用できるのであれば、活用しない手はないといったところです。

ただ、受給資格を満たした上で申し込むことが欠かせないのも事実です。つまり、資格に該当しないとみなされれば、審査で落とされることも十分あり得るということです。そのため、事前に特徴をしっかり理解しておくことが重要です。

電卓受給できる額としては、障害基礎年金の場合、2級なら779,300円、そして1級の場合は2級の1.25倍にあたる、974,125円となっています。さらに子どもがいる場合は、二人目までは一人当たり224,300円、三人目以降一人当たり74,800円も加算されます。ちなみに子どもの定義は、18歳の年度末を過ぎていない子である、もしくは20歳未満の障害1級、もしくは2級に該当することが条件となっています。

この通り、障害年金で受けられる金額は、決して少額でもありません。詳しい仕組みを理解して申し込む意味は、大いにあるといえるでしょう。障害年金の受給に関する詳細、また申し込みのポイントについてまとめたので、ご参考ください。