障害年金を活かそう


もしあなたが事故や怪我で障害を負っているのであれば、障害年金への加入を検討してみてはいかがでしょうか。障害等級や年金加入状況に応じて、障碍者向け年金や一時金制度が利用できるというものです。障害を負ってしまった場合、生活への負担はかなり大きいことでしょう。その点、まとまったお金を手に入れられるとなると、生活の充実度を高めることが可能になります。せっかく利用できるのであれば、活用しない手はないといったところです。

ただ、受給資格を満たした上で申し込むことが欠かせないのも事実です。つまり、資格に該当しないとみなされれば、審査で落とされることも十分あり得るということです。そのため、事前に特徴をしっかり理解しておくことが重要です。

電卓受給できる額としては、障害基礎年金の場合、2級なら779,300円、そして1級の場合は2級の1.25倍にあたる、974,125円となっています。さらに子どもがいる場合は、二人目までは一人当たり224,300円、三人目以降一人当たり74,800円も加算されます。ちなみに子どもの定義は、18歳の年度末を過ぎていない子である、もしくは20歳未満の障害1級、もしくは2級に該当することが条件となっています。

この通り、障害年金で受けられる金額は、決して少額でもありません。詳しい仕組みを理解して申し込む意味は、大いにあるといえるでしょう。障害年金の受給に関する詳細、また申し込みのポイントについてまとめたので、ご参考ください。